お知らせ

新型(新人)のご挨拶です。

 

あっ!はじめまして!
やっと気付いて下さいましたね。いえ、無理も御座いません。
私、ウイルスなので。

私の名は「SFウイルス」です。何の略かはお察しください。
あ、そうそう!ウイルスには発見したや場所の名前が付けられたりしますね。(おっと。)

よく「EBウイルス」や「RSウイルス」と混同されるのですが、あんな不届き者と一緒にしないでください。(汗)

SFウイルスはDNAウイルスで、オルフォウイルス科に属します。
オルフォの名の由来は、ギリシャ語のόμορφος(オモリフォス)で「綺麗」という意味があります。

フィロウイルス(意:紐)やラブドウイルス(意:棒)等、
ウイルスの形が科の名前に由来している事がほとんどですが、
オルフォウイルスはウイルスがする行動から名付けられました。
見た目は感動する程綺麗ではないという事です。(溜息)
科の説明が長くなりました。
さて、「SFウイルス」は約1ヶ月の潜伏期間を経て企業に対して発症します。

なので、私が現在記事を書いているという事は、
株式会社マッシュルームが「SFウイルス」による症状を発症している事になります。
感染した時期は潜伏期間から考えると年末年始休みに入る少し前になりますね。
「SFウイルス」を発症してしまうとどうなるのでしょうか。主な症例は、

・パソコンが勝手にフォトショップを開き始め、写真が綺麗になっていく。
・職場の環境がみるみる内に綺麗になっていく。
・ついでにアルコール消毒液もみるみる内に減っていく。

一言で言うと、悪いウイルスではないのです。
汚染するのではなく、綺麗にするウイルスです。

上記の症例を活かして「SFウイルス」は株式会社マッシュルームに感染し、
レタッチャーとして猛威を振る・・・活躍しているという状況です。

このウイルスは空気感染の感染経路を経て感染しますが、
ターゲットがごく僅かに限られているのも特徴的です。

感染後は感染者(株式会社マッシュルーム)と宿主(自宅)を行き来しながら(通勤)症状を進行させていきます。
毒性は極めて低いので、W〇Oにも全く相手にされません。とても寂しい・・・

そんな寂しがり屋なウイルスですが、変異するのが早い(技術的成長)ので、
SFウイルスが死滅しない程度の温かい目で見守ってあげてください。
たまに褒めたりすると、症状の進行速度(モチベーション)が増しますので注意しましょう。

 

以上、スハラ・・・ゲフンゲフン、SFウイルスでした!

 

※SFウイルスはフィクションです。